ジョギングによる膝の痛みにはサプリメント!おすすめサプリ情報

健康のために、朝早くもしくは夜涼しくなってから、ジョギングをしているという方も多いのではないでしょうか。
公園の周りや車通りが少ない道を自分のペースで走り、帰宅してからシャワーで汗を流すととても気持ちがいいですよね。

ジョギングにはストレス解消や健康維持、ダイエットなどの効果も期待できる上、特に道具などが要らず気軽に始められることから、多くの方から人気があります。

ただ、ジョギングをやりすぎたり、少し無理をしてしまったり、特にいつもと変わらない走り方なのに膝が痛くなってしまったということもあるのではないでしょうか。

健康のためにはじめたジョギングが膝痛を招き、その結果歩くことが億劫になってしまったりしては意味がありませんよね。

ここでは、ジョギングでの膝痛の原因や対策に加え、ジョギングによる膝の痛みに効果が期待できる、おすすめのサプリメントをご紹介していきたいと思います。

 

経験者でも初心者でも関係ない”膝の痛み”

ジョギングをされている方の中には、もう何十年も走っているという方や、数年前から続けているという方、最近はじめたばかりという方など様々な方がおられますよね。

どのようなスポーツでも仕事でも、経験者であっても初心者であっても関係なく、怪我をしたり傷めたりすることはありますよね。

それと同じで、ジョギングによる膝痛も、経験者・初心者を問わず生じるものです。

 

膝の痛みが生じる2つのパターン

ジョギングによって膝に痛みを感じる場合には、2つのパターンがあります。

  1. 1回のアクシデントで負傷するパターン
  2. 何回かのアクシデントが重なって負傷するパターン

 

1)1回のアクシデントで負傷するパターン

これは、膝に対してグニッと変な力が加わったり、転倒したりしたその1回のアクシデントで、膝に痛みが生じるという場合です。
転倒などについては自分が注意したり、変な走り方をしないように気をつけるだけで予防できますよね。

 

2)何回かのアクシデントが重なって負傷するパターン

これは、少しずつ膝に負担がかかっていき、ある日その負担に耐えきれなくなって痛みが生じるという場合です。

転倒などとは違い、いくら注意をしていてもジョギングをする度に膝に負担がかかり、それが積み重なっていくため、ただ単に走り方に注意するだけでは予防はできません。

この度重なる膝への負担・ストレスによる膝痛の場合、もっと別の方法での予防・改善が必要となります。

 

ジョギングでの膝痛が辛い!予防・改善方法は?

毎日のジョギングの中で、膝に少しずつ負担がかかり膝に痛みが生じるようになるという場合、予防や改善方法としては以下のようなものが挙げられます。

  • 無理をしすぎず、自分に合った走り方(距離や時間など)にする
  • 基礎体力と筋力をつけることも、忘れないようにする
  • ジョギング前のウォーミングアップをしっかりと行う
  • 正しいフォームで走るようにする
  • サプリメントで栄養成分を補給する

 

ジョギングを長年やっている方ではなく、はじめてジョギングをしよういう方の場合、「その前にある程度筋力をつけないと!」「フォームを整えないと!」「ウォーミングアップをしっかりやらなきゃ!」なんて考える方は少ないと思います。

それよりも、”○kg痩せる”や、”毎日○km走る”など、自分の目標であることに頭がもっていかれますよね。

ですが、ただ単に走ればいいや!という考えでジョギングを始めると、筋力不足やフォームの崩れなどから膝を痛めやすくなります。

弱ってしまった膝の軟骨や関節をサポートしてあげるために有効なものとして、「サプリメント」が挙げられます。

病院などにはできれば行きたくない、手軽に膝の痛みを軽減させることはできないのか?と思っている方には、サプリメントをオススメします。

 

ジョギングでの膝痛に効果を発揮!おすすめサプリメントBEST3!

膝が痛くなってしまった方に、おすすめのサプリメントをまとめてみました。
ジョギングだけではなく、最近どうも膝など関節が痛いような気がするという方にもオススメです。

ジョギングによる膝痛サポートサプリランキング

  1. イタドリ

    イタドリの特徴は?

    ・天然野草「オオイタドリ」を配合
    ・レスベラトロールなど豊富なポリフェノール
    ・1日に3粒でいいので続けやすい
    ・30日間全額返金保証つき
    ・元プロ野球選手 中畑清さんも満足のサプリ
    ・Ⅱ型コラーゲン、グルコサミン、コンドロイチン、清酒酵母、赤ショウガ

    価格 通常価格2,400円 とくとく価格2,160円
    送料 全国一律500円
    内容量 90粒(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    イタドリは、アイヌ民族の人々から重宝されてきたオオイタドリを配合したサプリメントです。
    Ⅱ型コラーゲンやグルコサミンなどの軟骨成分に加え、酵母や赤ショウガなども厳選配合されています。

    膝の痛みに効果を発揮してくれることが期待できるサプリメントと言えます。
    *エビ・カニ・鶏アレルギーの方はご注意ください

    公式サイトはこちら

  2. 快気節

    快気節の特徴は?

    ・新軟骨成分「非変性Ⅱ型コラーゲン」配合
    ・ハーバード大学で開発された成分
    ・ヒアルロン酸配合
    ・1日1カプセル飲むだけで良いので手軽
    ・グルコサミンでは効果を感じられなかった方に
    ・GMP認定工場にて製造

    価格 通常価格5,616円 毎月お届けコース2,410円
    送料 無料
    内容量 30カプセル(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    快気節は、ハーバード大学で開発された成分である「非変性Ⅱ型コラーゲン」を配合したサプリメントです。
    1日1カプセル飲むだけなので手軽ですし、GMP認定工場にて製造しているため安心できます。

    公式サイトはこちら

  3. 大正グルコサミン パワープラス

    大正グルコサミン パワープラスの特徴は?

    ・BCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)を配合
    ・筋肉成分であるアンセリンを配合
    ・コンドロイチン、Ⅱ型コラーゲンのW軟骨成分を配合
    ・グルコサミンと2つの軟骨成分+アミノ酸
    ・大正製薬ならではの新配合
    ・グルコサミンは、純度99%のものを1,500mg
    ・コラーゲンは細分化したペプチドを採用

    価格 通常価格5,400円 定期お届けコース4,860円
    送料 無料
    内容量 1日6粒×30袋(1ヶ月分)
    評価 ★★★★★
     
    大正グルコサミン パワープラスは、運動系アミノ酸であるBCAAと筋肉成分アンセリン、コンドロイチン、Ⅱ型コラーゲンを配合しているサプリメントです。
    製薬会社である大正製薬のサプリメントなので、安心して飲むことができる心強い商品です。

    *エビやカニ、鶏アレルギーの方はご注意ください

 

 

どうしてジョギングで膝が痛くなるの?

ジョギングをすることで膝を痛めてしまう原因としては、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

  1. 筋力不足で膝が炎症を起こしてしまうため
  2. 合わない靴で走っているため
  3. 間違ったフォームで走っているため

1)筋力不足で膝が炎症を起こしてしまうため

ジョギング中に膝にかかってくる衝撃は、筋肉が吸収してくれる仕組みになっています。

ですが、筋力不足で身体をうまく支えることができずに衝撃を吸収しきれない場合には、膝に全ての負担がかかることになります。

その結果、膝への負担が炎症を起こしやすくしてしまうことで、痛みが生じるのです。

 

2)合わない靴で走っているため

一度ジョギングをしている時の靴について、考えてみてください。
走りやすい靴をはいているのではなく、自宅にあった適当な靴を履いている方が多いのではないでしょうか。

人によっては、「ジョギングはとにかく走るわけだから靴は関係ないだろう」ということで、少しカカトが高めのものをはいたりしている方もおられるかもしれません。

ですが、ジョギングに適した靴で走らなくては、膝の痛みを引き起こしてしまう原因になることがあります。

また、自分の足に合っているものでなくてはなりません。
少し大きめのものや小さいものなどではなく、自分の足にフィットする靴であることが必要です。

 

3)間違ったフォームで走っているため

とりあえずジョギングすればいいという考え方で走っていると、膝に大きな負担をかけてしまいます。
歩幅の大きさが大きすぎたり大げさな走り方をしているなどの場合、膝などの身体の一部だけに負担がかかってしまうため、痛みがでやすくなります。

・背筋を伸ばす
・肩の力を抜く
・歩幅を自然に保つ
・カカトから着地する

正しいフォームにするためには、このような点に注意して走ることが大切です。
よく前傾姿勢で走っている方がおられるのですが、前傾ではなく背筋を伸ばして身体を起こして走るようにしましょう。

 

膝の関節を痛めてしまったり、膝の駆使を繰り返すことによって軟骨に問題が生じてしまった場合には、サプリメントから栄養成分を補給することをオススメします。

フォームや筋力などを意識しつつ、今回ご紹介しましたサプリメントを活用し、ジョギングの膝の痛みを予防・軽減できるようにしていきたいですね!